メルライン&リプロスキンのダブル使いという裏技

リプロスキンの口コミ!ニキビ痕美白効果

MENU

メルライン&リプロスキンのダブル使いという裏技

メルライン&リプロスキンのダブル使い(併用する)という裏技です。

あごやフェイスラインなどのUゾーンにできるニキビは、一度できてしまうとなかなか治りづらい上に、治ってもまた繰り返しできてしまいます。

Uゾーンは、髪の毛があたったり無意識のうちに手で触ってしまう部位なので雑菌もつきやすいんですね。

ニキビは痒みをともなうものも少なくなく、そうなるといけないとわかっていてもつい触ってしまってニキビを悪化させてしまいます。

そんな悪化して炎症してしまったニキビに、改善方法の裏技があるのでご紹介します。

通常、ニキビケアにはニキビ専用のスキンケア商品ひとつを使用すると思いますが、ダブル使いで相乗効果を期待できるものがあるのです。

それは、あごやフェイスラインにできたニキビにおすすめの「メルライン」と、ニキビ痕に良いと評判高い「リプロスキン」のダブル使いです。

どちらもニキビ専用のスキンケア製品ですが、併用することでそれぞれの特性をより有効に活用することができるというのです。

メルラインは保湿力が高く炎症したニキビにも使えるほど肌に優しいジェルになっています。

一方リプロスキンは導入化粧水です。

この「導入化粧水」で最初にケアをすることで、次に使うもの(メルライン)の浸透をよくすることができることに注目です。

メルラインはジェルタイプのオールインワン化粧品でとても便利なのですが、これひとつでスキンケアを済ませられるように様々な成分が盛り込まれていることによって、当然ながら浸透性に限界がでてきてしまっています。

ところが導入化粧水のリプロスキンを始めに使用しておくことで、メルラインを単品で使う時よりニキビ改善に良い成分や美肌成分がしっかりと肌の奥まで浸透していってくれます。

これによって、状態が悪化してしまったニキビ改善へのアプローチも効果的にできるというわけです。

ニキビ対策として、殺菌や抗炎症作用といったケア以外にもスキンケアの基本となる化粧水の浸透性と保湿はとても重要です。

しっかりと保湿されることによって肌のバリア機能は回復していくので、その有効成分が肌の奥に届くことはとても意味のあることなのです。

ニキビケア専用のジェルとして名高いメルラインの有効成分を、リプロスキンの導入力を借りてしっかりと肌の奥に届けてあげて下さい。

ニキビの炎症がひどくて痛むようなときは、ぜひリプロスキンを使ってからメルラインを使う、というニキビケアの裏技を試してみて下さいね。

メルラインにはフェイスラインのたるみを引き締めてくれる働きもあるので、小顔効果アップも期待できる!と人気です。
口周り

リプロスキンでニキビ痕もシミも黒ずみも改善!

★リプロスキンは保湿しながら美白できます。
だから、ニキビ痕も色素沈着もシミもクレーター状の凸凹もキレイになりますよ。
毛穴の開きや黒ずみも改善しましたよ。
お気に入りの美白化粧水です。
美容成分が角質の奥までぐんぐん吸収できるのがすごいです。
気長に使い続けるのがコツですよ。
リプロスキン